盾と矛

この銅馬車と一緒に出土した矛と文様の鞘、右上に人面矛。奥には、漆器が陳列されている。どれも、ものすごく文様が精細で、2000年以上前に造られたと思うと身震いがする。
これらが造られた後の500年後ぐらいにやっと日本は、卑弥呼の時代に入るのだ。そのときの衣服は貫頭衣で土器で貯蔵していたとすると、当時の中国の文化の高さがわかる。
盾と矛

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM