神獣に守られて

この銅車馬の周りに、美しい文様の神獣が配置されている。これらに見守られながら、2000年もの間、地中に埋もれていたのであろうか。文様は、非常に精密で、とても2000年以上前に造られたとは思えない。
銅車馬を守る珍獣

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM