亀を模した馬車

馬車を見て驚いた。当時の文様がくっきりと施され、それは中の内装までも精巧に描かれている。
亀の甲羅のような屋根は、長寿を願う始皇帝が求めた形だ。しかし、亀とて永遠の命は持っていない。
地上のあらゆるものを手中にした始皇帝であったが、永遠の命だけは手に入れることはできない。仙人の不老不死の秘薬を日本の蓬莱にまで探しに行かせた徐福の帰りを待ちわびながら、この中で死んでいったことを想像すると、滑稽な様子が浮かんできてしまう。

馬車の文様

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM